野生のコーヒー・リム・ヤルガッチャフェ・キリマンジャロのご紹介

お問い合わせはこちら

ブログ

野生のコーヒー・リム・ヤルガッチャフェ・キリマンジャロのご紹介

2020/09/08

リム・アンドロメダ・エチオピアコーヒー

100%forestの、野生のコーヒー

【エチオピア・カファ地方原生林のコーヒー】

 人類とコーヒー発祥の地といわれるエチオピア・カファ地方の、100%ナチュラル・フォレストコーヒー。現代では希少な原生林で生育した、完全野生種のアラビカ豆は、
ワインにも比べられるスパイシーでフルボディな味わい。

 現地では、胃腸の薬として、香り(アロマ)は心臓の薬として古くから大切に飲用されている、大自然をそのままいただくコーヒー豆。おいしいものをおいしいままに届けたいというNPO代表と現地の方の願いから日本へ輸入されています。

 人の手が加わらず、原生林に生えているコーヒーの木から採取される『リム』は、その力強い味わいから、大自然の強さと安らぎを教えてくれます。

高品質、セミフォレスト

ヤルガッチャフェ・アンドロメダエチオピアコーヒー

 エチオピアのカファ地方から車で3時間ほど進むと、野生の森林地帯であるヤルガッチャフェ村があります。

 ヤルガッチャフェもリム同様、エチオピアでは薬として飲まれている100%ナチュラルコーヒーを生産しています。リムとの違いは、バナナの木をシェードツリーとして上手に日当たりを調節したり、適度に刈り入れを行うなど、人の手が伝統的に加わっているということです。このような栽培方法をセミ・フォレストと呼びます。

 農薬・化学肥料などは使われていない高品質なヤルガッチャフェは、近年日本でも知られてきているスペシャリティ・コーヒー。エチオピアコーヒーはブレンドされることが多く、そのまま飲めることが少ないといわれていますが、ヤルガッチャフェ村で採れた美味しいコーヒー豆をそのまま日本でいただけることは、我々日本人にとって大変うれしいことですし、当然現地の方々にとってもうれしいことであるそうです。

キリマンジャロ山4333フィートのスペシャリティ

キリマンジャロ・ゴマタ・スジコーヒー

 癒しの地といわれるキリマンジャロ山の高地、ゴマタ地域スジ村で産出されるキリマンジャロ・ゴマタ・スジコーヒーは、4333フィートの高さで産出されるスペシャリティです。

 キリマンジャロ・ゴマタ・スジコーヒーの生産者たちは、自然とともに生きることを信条に、自然に即した栽培サイクルを心がけています。化学薬品や除虫剤、化学肥料を使わず、害虫や病気対策も「キュカミ」とともに、キリマンジャロの伝統的な手法で行っています。

 また、バナナの木をコーヒー畑の合間に植えて日陰を作り、その落ち葉を自然の肥料とするなどの自然のサイクルに反しない手法を利用することが、生育環境の影響を大きく受けるスペシャリティコーヒーとしてのクオリティーをより高めます。日々工夫され、よりおいしいコーヒーを提供しようという現地の努力が実り、私たちは日本で自然環境をそのままいただくことができます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。