自宅用の焙煎コーヒーを通販で~コーヒー豆の保存方法について~

お問い合わせはこちら

ブログ

自宅用の焙煎コーヒーを通販で~コーヒー豆の保存方法について~

2020/08/30

 毎日欠かさずご自宅でコーヒーを飲まれる方も多いかと思いますが、コーヒー豆を正しく保存できていますか?正しく保存すれば、新鮮なコーヒーのおいしさを、より長く味わうことができます。

 ここでは、自宅用に購入したコーヒー豆の保存方法についてご紹介します!ぜひお試しください。(^-^)/

焙煎コーヒー豆のおいしさを保つために必要な条件とは?

焙煎コーヒー豆の鮮度を保つには、以下の4つの条件が必要となります。

  • 高温を避ける
  • 多湿を避ける
  • 紫外線に触れさせない
  • 密封する

この4つの条件を守ることで、豆が酸化することを防ぎ、その焙煎コーヒー豆ならではの味と香りを最後まで楽しむことができます。

理想の保存状態は、密閉容器に移し、涼しくて乾燥した紫外線の当たらない場所に置いておくことです。豆の状態で保存するのであれば2週間前後を目安に、粉の状態で保存するのであれば1週間前後を目安に、使い切ることをおすすめします。そうすることで、いつでもおいしいコーヒーを楽しむことができます。

開封後に気をつけたいこと

 開封前のコーヒー豆は、缶入りや袋入りの場合は常温でも保存することができます。しかし、開封後のコーヒー豆を長期間保存する場合は、冷蔵庫や冷凍庫での保存をおすすめします。冷蔵庫や冷凍庫は季節を問わず安定した温度と湿度設定で、直射日光も当たらないため、コーヒー豆の保存場所に最適です。

 ただし、コーヒー豆を冷蔵庫や冷凍庫から出し入れする際に、特に冷凍庫を使用した場合は、庫内と室内の温度差で水滴がつく場合があるので注意が必要となります。どうしても開封後の長期保存が必要な場合は、水滴でコーヒー豆が湿ってしまわないよう、一度に使用する分量ずつを小分けにしておきましょう。

特別な焙煎コーヒー。ご自宅・プレゼント用にぜひどうぞ

 自宅用コーヒー豆の、保存方法のコツについてお伝えしました。鮮度を保つために必要な条件、開封後に気をつけたいポイントを守ることで、自家焙煎コーヒーならではの味わい・香りを長く楽しむことができます。でも開封後のコーヒーは、なるべく早めに飲みきることが、鮮度を体内に取り入れるためにも有効です♪

 特別な焙煎コーヒーをご自宅用にお求めの際は、野生のコーヒーくまじまみのりのオンラインショップより、豆・粉の中からお好みのコーヒーをお選びください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。