高須克也先生のエッセイを読んで

お問い合わせはこちら

ブログ

貧乏ってお金をあげても解決しないでしょ?

2020/08/26

「自分たちの飛行機代も出してくれ、チップもくれ」

お金だけ渡しても解決しないこと

 私はNPO KOMAで輸入しているコーヒーを販売しています。搾取のないビジネスを・・・という理念が掲げられています。以下はその話をしたときに、実際にアフリカ人と接しているある日本人の女性から言われたことです。

 ・アフリカを援助しても、「日本人ってバカでだましやすいね」って思われるのがオチだよ・・・お金をちょろまかすのが大好きで、そんな姿を何度も見ていると、援助することの難しさを感じるよ。

 

・金取る方が「能力が高い人間」で、賢いとされていて、金取られる人間が馬鹿扱いなの。海外では。

 

・アフリカを援助しても末端までは届かない。上がピンはねしたり私腹肥やすだけってよくいうけど、本当にそうだよ。

 まぁこんな感じです。

 

 高須クリニックの高須克弥先生のエッセイ「ダーリンは71歳 高須帝国より愛を込めて 西原理恵子♡高須克弥」でも、こんな場面が登場します。

 

・「お礼をするというのなら、招待してくれて、飛行機代を出してくれても当たり前なのに、自分たちの飛行機代も出してくれ、チップもくれなんて、バッカじゃないの!」

(ナイジェリアのサッカーチームに寄付をした高須先生に、お礼といいながら怪しい雲行きになって先生の秘書が怒りのあまりに言ったセリフ。)

 

・「実は、私も半年間給料をもらっていません。」

(お金には困っていないという大使の言葉に、本当に大丈夫なのかと先生が確認したときの通訳のセリフ)

 

 

いだきしん先生は内面を変えられる

人間が変わらないと貧困解決はありえない

 こんなことじゃ、どんなに支援したってきりがないじゃないか。そんな風に感じますよね。

実は、いだきしん先生は人の内面や大地の歴史を受け入れて変化させていくスキルをお持ちなのです。

世界各地でコンサートもなさっているので、ご興味のある方は是非
ホームページ からコンサートのチケットを予約してみて下さいね。コロナの対策はかなりなさってます。

 

 少しずつ人の内面が変わっていくことに賭けて、ご活動されているので、コンサートが開催されることで内面が変化した一人一人が自分で考えて動き、ただ表面的でない支援をしていけます。

 

・「物や金はいらない。飢餓や貧困は社会の問題であり、社会は人間が作っていくので、人間の内面を変える事が根源解決である。人間の内面を変える事が何よりしてほしい事として、まず、事実から知ってほしい」とお話下さいました。

 NPO高麗 アンドロメダエチオピアコーヒー物語 ー飢餓の支援のためにー より

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。