「モカ」コーヒーの産地

お問い合わせはこちら

ブログ

「モカ」コーヒーの産地

2020/07/05

 豆の一大ブランドとして名高い「モカ」。実はアラビア半島の「イエメン」という国の、外港の名称からきています。そこから昔、エチオピア産の豆と合わせてたくさんのコーヒー豆が出荷されたために、「モカ」という呼び名が通称となりました。

 イエメン西北部の「モカ・マタリ」をはじめ、エチオピアからも多くの「モカ」が市場に流通しています。栽培地によって「モカ・ハラー」や「モカ・シダモ」など呼び名が変化します。

イルガチャフェ(ヤルガッチャフェ)

 その中でも近年人気なのは、華やかでフルーティーな味わいが感じられる、イルガチャフェ(ヤルガッチャフェ)地区のコーヒー豆。当店でもお取り扱いしております、『ヤルガッチャフェ』は、ウォッシュドで精製されており、さわやかさにも特徴があります。

 年に数回の刈り入れ程度にお手入れをした高品質商品ヤルガッチャフェ。同じエチオピアのリムが100%フォレスト種で、完全に原生林の中にあるのに対し、ヤルガッチャフェは日当たりをよくしたりするため、少しだけ人間がお手入れをしています。このような栽培方法を、「セミ・フォレスト」といいます。

 セミ・フォレスト種も農薬などは一切使われず、完全なる野生の土壌で育ちますので、自然環境の影響をダイナミックに受けた味わいが特徴です。

 ※ヤルガッチャフェ村の自然の画像は、keikokoma.ch FATHER ヤルガッチャフェ編よりお借りしています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。