コーヒー豆の種類と特徴

お問い合わせはこちら

ブログ

コーヒー豆の種類と特徴(エチオピア編)

2020/06/19

 当店でお取り扱いしておりますコーヒー豆の種類には、アンドロメダエチオピアコーヒーとキリマンジャロゴマタ・スジコーヒーがございます。その中でもアンドロメダエチオピアコーヒーは2種類に分かれ、それぞれを地域の名を取って「リム」と「ヤルガッチャフェ」と呼びます。特徴、味わいともに異なるナチュラルコーヒーです。

 

AndromedA ethiopia coffee web site

 「リム」は、完全にエチオピアの野生の森林で育った、100%フォレストコーヒー。味わいの特徴としては、力強くてワイルドです。ワインにも比べられるフルボディのコーヒーは、人間の手が一切加わっていない原生林で育ちます。当店では2020年6月現在、こちらの豆が一番の人気商品です。

 

 現在、コーヒー豆栽培の主流である『プランテーション』(中学校の社会科で習ったやつです)とは異なり、フォレスト栽培のコーヒー豆は、もともとの自然環境や共生する生物の影響をダイレクトに受けることが特徴としてあげられます。野生をそのまま味わっているといっても過言ではありません。100%フォレスト栽培は、全生産量の中の10%程度を占めています。

 「リム」は、カファ地方ジンマのリム地域で育った完全野生種のフォレストコーヒーですが、コーヒー発祥の地エチオピアが最高品質と誇る「ヤルガッチャフェ」は、年に2、3回、草刈や鋤淹れのお手入れを加えて大切に育てられています。キレがあり、スッキリと飲みやすく、それでいて淹れ方によっては花のような香りと甘味のある独特の風味が特徴です。

 ヤルガッチャフェのようなコーヒー豆の育成方法を「セミ・フォレスト」と呼び、こちらも100%ナチュラルコーヒーです。エチオピア大使のお勧めでNPO高麗が輸入をすることになったコーヒー豆は、リムと同じアラビカ種。エチオピア産のアラビカ種は、最上質のアラビカ原種。コーヒー発祥の地の風土が育てるコーヒー豆は、その中でも最高品質として位置づけられている種類です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。